浴室シャワーからの水漏れ修理

浴室は水気の多い場所であるため、水が漏れる可能性のある箇所がたくさんあります。水のトラブルとしてシャワーや蛇口などからの水漏れは意外と頻繁に起こります。浴室での水漏れが発生する原因は、部品の経年劣化や破損、接続部分のゆるみなどによるものです。水漏れの頻度が高いものとして、部品のゆるみが挙げられます。浴室には多くの配管が接続されており、部品が使われているため、ちょっとしたゆるみが生じるだけで水が漏れてしまう場合があります。ゴムパッキンや内部の部品が劣化して起こる可能性は高いです。

■シャワーヘッドの耐用年数

シャワーヘッドに使われている部品の耐用年数は、およそ7年から10年ほどと言われており、水漏れの発生時に部品の耐用年数を経過していた場合は、内部に使用されている部品の寿命が原因であることが考えられます。蛇口からの水漏れを発見した場合、まず最初に行った方が良い作業は水漏れの原因を探すことです。部品の接合部分から水漏れしている場合は、部品がゆるんでいないかチェックしてみてください。部品がきつく締められているにもかかわらず水が漏れている場合は、ゴムパッキンなどの部品が劣化している可能性があります。自分で部品を交換しようと分解する場合は、最初に止水栓を閉めてから修理を行いましょう。

■自力で修理を行う場合

シャワーヘッド自体の料金は安く、ホームセンターなどでも販売されているため簡単に交換することができます。賃貸にお住まいの場合は、管理会社へ連絡して対応してもらいましょう。シャワーヘッドからの水漏れで多いのは、ゴムパッキンなどの部品の劣化によるものです。新しいゴムパッキンを購入すれば、簡単に取り換えることができるでしょう。本体が壊れている場合は料金が高くなりますが、本体ごと取り替えることで解決します。水漏れが続く際は、蛇口の部分に注目してみましょう。漏れている水の量が少ない場合、ナットやバルブを用いて閉め直したり、ゴムパッキンを交換したりするだけでも解決に繋がります。

■まとめ
水漏れしている箇所がシャワーヘッドである場合は、残留水が原因として考えられます。本体が故障すると、内部に溜まっている残留水が漏れることがあります。上向きにシャワーヘッドを置くと水が止まるのであれば、シャワーヘッドに原因があるということになります。上向きにしても水漏れが止まらない場合は、ほかの原因が考えられます。給湯器やバスタブの場合は、内部の故障や部品の劣化が考えられるため、水道業者に見てもらうと良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ