浴室給湯器からの水漏れ修理

給湯器には、浴室内に取り付けるタイプのものと屋外に取り付けるタイプのものがあります。浴室内に取り付けるタイプの場合は、蛇口やバスタブに接続されていたりするので、水漏れが起こる可能性が高くなります。屋外タイプは雨風にさらされることが多く、給湯器本体のトラブルになります。給湯器本体の水漏れの場合、多くは本体内の熱交換器の劣化によるものです。給湯器にも耐用年数はありますが、使用状況や設置場所によって耐用年数は変わってきます。熱交換器は部品交換で修理することも可能ですが、交換する部品によっては新しい給湯器に買い替えた方が安い場合もあります。

■給湯器本体の故障

お風呂のお湯を作るために活躍する給湯器ですが、水漏れが起きることがあります。浴室内に設置されている給湯器は、使われているゴムパッキンや安全弁が劣化すると、水が漏れます。屋外使用で給湯器本体が古くなっている場合は、内部の部品が故障していたり、接続部分がゆるんでいたりする可能性もあります。接続部分がゆるんでいる場合は、ゆるみを閉め直すだけで水が止まることもあります。
給湯器の水漏れを自力で直す場合、故障しているところの部品を交換することで修理できます。給湯器の内部の故障だったりすれば、下手に修理すると、給湯器の状態が悪くなることもあります。どんな方法を採ればいいのか、メーカーや水道業者に問い合わせると良い方法を教えてもらえます。

■メーカーから部品の取り寄せ

メーカーなどに部品を取り寄せる必要がある場合は、給湯器に使われていた古い部品を保管しておくと良いでしょう。型番などがわかれば、同じ部品を取り寄せることができます。給湯器の耐用年数は、10年から15年程度と言われています。年月が過ぎると修理する部品の製造が終了していることもあるため、メーカーに問い合わせてみましょう。水漏れの状態によっては、修理するより新品に買い換えたほうが安く済む場合もあります。


■まとめ
給湯器は、浴室の中に取り付けるタイプと屋外に取り付けるタイプでは種類が異なります。自力でできることは、浴室の中に取り付けるタイプの場合、ゆるんでいる部分を閉め直すぐらいでしょう。給湯器の内部で使われている部品を交換する場合は、メーカーから部品を取り寄せることになります。屋外に取り付ける給湯器が故障した場合は、買い換えなければいけない可能性も高いです。特に長い間使っている場合は、給湯器の寿命が原因であることも考えられます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ