浴室換気扇からの水漏れ修理

換気扇は水道と接続されていないため、水漏れが起こるはずはないと思われがちです。換気扇は浴室内の換気をするため、常に水蒸気にさらされますし、外部から雨などが入りこむこともあります。換気扇から水滴がしたたり落ちたり、内部に使われている部品の劣化などで、換気扇の中に水がたまってしまうことがあります。一般的な水道の蛇口による水漏れとは違うものの、換気扇から水がポタポタとしたたり落ちるという状態に共通したものがあります。

■部品の劣化

浴室は水にぬれることを前提に作られているため耐水性がありますが、換気扇に使われている部品までそうとは限りません。浴室内の換気扇は、しめった空気と外部の空気を入れ替えるために取り付けられています。換気扇だけでなく、換気口にヒビが入れば、そこから内部に雨が吹きこみ、換気扇からの水漏れとなってしまうケースもあります。換気扇は常に水蒸気が出入りしている場所なので、劣化が進むと内部の金属などがサビていきます。金属がサビると水蒸気が換気扇の中にたまってしまい、しばらくたつと水がポタポタと落ちてくるようになります。そこまで劣化が進むと修理をする必要があります。

■雨水による水漏れ

換気扇は、家の外部につながって浴室の蒸気を逃しているため、外から雨水なども入りやすくなっています。換気扇を通して、雨水が室内に落ちてくるケースもあります。台風シーズンなどは、水の量も相当なものでしょう。換気扇のような目で見ることのできない場所で水漏れすると、気づきにくいこともあります。浴室の中はマメに掃除をしても、換気扇の奥の天井裏まで気にしている家庭はそうそうないのではないでしょうか。水漏れに気づいたときには、かなり大きなトラブルに発展してしまうこともあるため注意が必要です。

■まとめ
浴室では、換気扇からの水漏れも見逃すことはできません。たくさんのお湯を使う浴室だからこそ、換気扇のようなもので水漏れが起こると、修理が必要な事態になってしまうことが考えられます。適度にメンテナンスを行っておかなければ、換気扇の劣化が進んでしまうでしょう。換気扇からの水漏れを放置しておくと、水はどんどん低い方に流れていくため、どのような被害が出るか予測がつきません。場合によっては簡単な修理程度ではすまなくなり、浴室の天井のリフォームまで必要となることもあるでしょう。早めに水漏れに対処することが、トラブルを最小限におさえるポイントです。簡単な換気扇の故障なら、自分で修理できるケースも少なくありません。しかし、自信がない場合は水道業者に依頼した方が良いです。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ