浴室の水漏れ修理パターン

浴室の水漏れ修理パターン 浴室では毎日大量のお湯が使われているため、多少水漏れしていても気づけないことがあります。また、浴室に多く見られるトラブルとして、シャワーやバスタブ、給湯器からも水が漏れることがあります。蛇口やシャワーヘッドからポタポタ水落ちする程度ならそれほど気にならないという人も多いです。気づかない間に水道料金が増えていて、それによって水が漏れていることに気づく場合もあります。

■シャワーから水漏れ

シャワーヘッドからの水漏れは、部品の劣化が原因となって起こる場合がほとんどです。シャワー部品の交換で修理が可能なため、気づいたときに修理すると良いでしょう。他に、シャワーヘッドの内部に残留水が残っている場合があります。シャワーを使った後に、ヘッド部分から水がたれることがあります。これはシャワーヘッドの構造上起こりえる現象で、故障ではありません。残留水による場合は、シャワーヘッドを上に向けることで止めることができます。シャワーヘッドそのものにキズができていたり、劣化しているような場合は、本体の交換が必要になります。蛇口に問題がない場合は、シャワーヘッドやホースの故障と考えて良いでしょう。また、シャワーホースを無理に伸ばしたり折りたたんだりすると、ホースに亀裂が入る場合もあるため注意が必要です。
他に、シャワーホースに付いているゴムパッキンの劣化なども考えられます。シャワーヘッドの接続部分のゆるみを直したり、シャワーホースに詰まった汚れなどを取り除くだけでトラブルを解決できる場合もあるため、一度シャワーヘッドをはずして状態を確認しておくとトラブルを防止できます。

■給湯器から水漏れ
バスタブにつながっている給湯器から水漏れしている場合もあります。まずはバスタブからなのか給湯器からなのか、水が漏れている場所を確認する必要があります。給湯器は精密機器であるため、個人で直せる手段は限られてきます。給湯器自体が故障していることもあるため、メーカーに問い合わせてみましょう。給湯器を購入したばかりで、メーカーの保証期間が残っている場合は、無料で点検するか給湯器 修理してもらえる場合があります。メーカー以外に、水道業者に電話やメールで相談するのも良さそうです。給湯器の故障なのかそうでないのか、買い替えや修理などの相談にのってもらえるでしょう。

■換気扇から水漏れ

換気扇は、水漏れと関係なさそうですが、水蒸気が漏れたり、雨水がしたたり落ちてくる可能性があります。雨水が屋根から浸入して天井裏に水がたまり、換気扇から水がしたたる原因となります。マンションやアパートなどの集合住宅で換気された空気は、建物の外へと排出されます。通常は、家の外から室内に雨が入ってこないように工夫されています。シーリングが弱くなることで、換気扇から入りこむこともあります。
換気扇からの水漏れに対処する方法としては、原因がはっきりわかるまで換気扇を使用しないことでしょう。換気扇を分解できる場合は、キレイに掃除してみてください。汚れを取り除くと、水が漏れてこなくなる場合もあります。

■まとめ
使用頻度の多いシャワーヘッドはもちろん、給湯器や換気扇にも寿命があります。一般的に10年を超えると、不具合が多く報告されるようになります。そして、15年から20年程度で寿命をむかえます。水道業者に相談した場合、修理ではなく交換をすすめられることもあります。ゴムパッキンなどの部品を交換しても水漏れが続く場合や、給湯器や換気扇からの水漏れが原因となっている場合は、自分で修理するのはやめた方が良いでしょう。水道業者に頼んだほうがトラブルになることがなく、スムーズに修理できます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ

最新ニュース